ブラジルの食文化
ブラジルの一般的な食習慣
ブラジルの食文化のレシピ

ブラジルの一般的な食習慣 

多国籍なブラジル料理

多国籍なブラジル料理

ブラジルは、世界各地から新天地を求めて来た移民によって形成された国です。
なので、ブラジル料理全般を俯瞰すると、まさしく世界各地の食文化が入り込み、そしてブラジルの気候風土によってアレンジされたもの、という印象を強く放っているのが判ります。

西洋国家のうち一番最初にブラジルへ来た、ポルトガル由来のもの、バカリャウリングイッサ生地の重たいケーキボーロ他と

その後大規模農園の運営の為に連れて来られた西アフリカ人由来のもの、豆食の嗜好、コウべマンティガ

最も人口が多いイタリア系移民が持ち込んだもの、パスタ、ピザ、サラミ、モルタデーラ、パネトーネ、コロッケ類、

内戦を逃れてたどり着いたレバノンやパレスチナ等のアラブ、イスラム圏のもの、キビ、エスフィーハ、

などの影響は特に色濃いです。また、そもそもの先住民であったインディオの食文化、キャッサバ、他もブラジル北部を中心に、まだまだ健在です。

併存するブラジルの普段食とパーティ食

ブラジル人は頻繁にパーティを開き、また季節に合わせて出向くレジャーもたくさんあって、パーティで供する料理、レジャー先で食べる料理、とそれぞれ区分けがはっきりしています。ごくごく日常にとる料理はお決まりのものが中心ですが、パーティにはこれ、あのシチュエーションにはこれ、とカテゴライズされた食習慣が存在しているのです。

ブラジルの普段食 朝

地域によりそれなりの差異はありますが、平均的な傾向としてブラジルの日常的な朝の光景は、家族のひとりがパダリア(パン屋さん)へ買い物に行く、というもの。そこで購入するのは、ブラジル特有の含有空気がとても多い、軽くて小ぶりのポン・デ・フランセ(フランスパン)と、プレズント(プレスハム)、モルタデーラ、ケイジョ・プラト(チーズ)、サラミ、牛乳、お菓子などなど。 ブラジルのパダリアは、日本のパン屋とは異なり、食肉加工品や乳製品のスライスも手がけているからです。そして、毎朝のメニューもそのままパンにハム、モルタデーラ、サラミ、チーズなど好きなだけはさんで食べ、コーヒーを飲むというのが最も一般的なスタイル。これ以外に加わることが多いのはフレッシュの果物かジュースとサラダくらいでしょう。       

ブラジルの普段食 昼

ブラジルの普段食 昼

一方、ブラジルの一般的な昼食は、インディカ米を炒め、炊き上げた「油ご飯」、もしくはふつうに炊いた米飯に、カリオカ豆(地域により黒豆の場合もあります)を煮込んだ「フェジョン」、肉類のソテーにサラダという完全な定食スタイル。

この場合、肉類は牛・豚・鶏のうち比較的牛が多く食べられ、調理法もソテーの他にミラネーゼ(イタリア風カツレツ)などが主となります。

また、付け合せとして、しばしばファロッファやキャッサバのフライも登場します。

ちなみに、ブラジル人の年間の各肉の消費は牛肉が49.6%、鶏肉が32.6%、豚肉が17.8%というデータがあります。

サラダは生野菜に塩・胡椒・酢・油を混ぜたドレッシングをあらかじめかけた状態のものが多く、その他にもフェジョン・ブランコ(白豆)や、安価なサルシッシャ(赤ウィンナー)などを使ったものもあります。

もちろん、時には米飯以外に、ニョッキ、ラザニアといったパスタ類が主食になることもあり、この場合フェジョンの量は少なめにおさえられるのがふつうです。

肉類に変わるおかずでは煮込み類や、バカリャウ(タラの塩蔵品)料理も食べられていますが、頻度としてはさほど高くありません。

外食に頼る人がとても多いブラジルの昼食。
街のレストランで出される日替わり定食は、曜日ごとにメニュー構成が決まっているのも特徴です。

となります。

また、日曜日も、お昼にパスタ、夕飯にピザを食べるのが一般的。
これらは一部、キリスト教の習慣をそのまま取り込んでいるからでもあります。
(例:金曜日は肉食禁忌。それゆえに木曜日は腹もちのいいニョッキを食べる。)

ブラジルの普段食 夜

ブラジルの普段食 夜

ブラジルもその日一番の食事が夕飯という点は日本と同じです。
ブラジル人の夕食は、昼食の内容にリングイッサを加えた取り合わせが一般的です。

米飯または油ご飯(日系人の場合やヨーロッパ系の場合はパンが多い)にフェジョンとサラダ、肉類、そしてリングイッサという内容です。
フェジョンについては、日々食べる日本の味噌汁的料理である為に、毎回具材が変わるものと思いがちですが、これは誤り。フェジョンは個々の家庭によって独自の風味付けや味付けはあるものの、だからといって具材が変わることはまずありません。

イタリア食文化の影響が色濃いブラジルでは、レストランやケータリングでピザをたべる事は多く、この場合は主食になります。

またリングイッサの代用品として低価格のカラブレザー・デフマーダが使われることもままあります。
ちょうど朝食のプレズントに対するモルタデーラのように、です。

さらには、料理名に名前が挙がらないので見落とされがちですが、使用頻度がかなり高い食材にベーコンがあります。家庭によってフェジョンに入れたり、ファロッファに入れたり、炒め物にも多く使われていて、どんなものにでも合わせられるオールマイティー食材として位置付けられています。

また、比較的ベーコンに近い使われ方をしているのがカルネ・セッカやシャルケなどの干し肉類で、これらはまず塩抜きし、煮込みや炒め物、炊き込みご飯など幅広く使われています。

ブラジルの普段食 おやつ

ブラジルの普段食 おやつ

日本とは違い

カショホ・ケンチ(ホットドッグ)をおやつにしたり、プルルッカやパステルをつまんだりします。そして忘れてはならないのが、比類なき甘いものへの依存度の高さです。

ジュース、お菓子、パンと甘いものはどこまでも甘く、それらを夕食後につまむ習慣もあります。

ブラジルのパーティ食

ブラジルのパーティ食

ブラジルのパーティ食といえば、最初に名前が挙がるのはコッシ-ニャ、ヒゾーレス、クロケッチ、キビなどのコロッケ類(サルガジーニョス)です。

その他には、エスフィーハ、パステルなどが一般的。

さらには野外でのシュハスコ・パーティ(バーベキュー・パーティ)であるならばエスペチーニョ(串刺し肉)、リングイッサなどが主力となり、加えて甘いお菓子類(キンジンブリガディロベイジンニョマリアモーレ)などが彩りを添えます。特にココナッツを使ったお菓子は人気です。

ページトップへ

ブラジルの食文化のレシピ

ごはん・パン料理のレシピ
豆・芋などの料理のレシピ
野菜料理のレシピ
魚介料理のレシピ
鶏料理のレシピ
牛・豚料理のレシピ
スナック・軽食のレシピ料理のレシピ
スイーツのレシピ
飲料のレシピ
0120-491-336
お問合せはこちら
ページトップへ
ラテン大和 オンラインショップ

お問合せ

0120-491-336
お問合せはこちら

レシピ

ごはん・パン料理のレシピ
豆・芋などの料理のレシピ
野菜料理のレシピ
魚介料理のレシピ
鶏料理のレシピ
牛・豚料理のレシピ
スナック・軽食のレシピ
スイーツのレシピ
飲料のレシピ